スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

Special Lesson

M.Kさん(新宿)の作品です。


On the 27th of October
Special Lesson by Mr.@ki was held at Ms.Y.A.'s house.
We met outside of Shinyurigaoka station's ticket gate
at twelve o'clock.
I have been there to eat a tofu food with my friends,
to go to a cinema town or to go shopping.
But I didn't know around the station there are a lot of greens
and the street was cleaned.
Ms.Y.A. said she would order out chirashizushi or something
and we decided that our each member would bring some meal.
On the table were deep fried chicken nuggets, boiled chikuzen,
potato gratin, vegetable salad, meat roll of burdock root
(it was unique food)
and there was Y's cucumber pickled in rice bran paste.
I cooked small mackerels dressed with sourcream.

The studies were English quizzes and oneself quizzes.
Mr. @ki said this is the most relaxing study.
But I consumed the time for preparation
and was concerned about questions every day.
One person offered one question and
the other members chose a right answer among three alternatives.
We took turns clockwise.
All had many interesting and unexpected hints.
When two rounds finished it was near four o'clock.
Time passed faster than we felt. We had a hurried tea time.
And we were given various surprize prizes from Mr. @ki.

On the way back home on the road cars didn't pass and at the slope
in front of their building Indian lilacs lined up.
I guess when they bloom it is like a forign country's scenery.
I remembered Ms. A said in San Francisco sarusuberi bloomed a lot.
Trees' leaves were turning autumn colors
and panpas grasses (susuki) were hanging down.
I felt a charm of autumn.
In the ground a lot of fine (energetic) children were playing soccer
and they were lively.
I thought all were reliable.
That day I really could relax.




<日本語訳 by M.K.>

10月27日@ki先生のスペシャルレッスンがY.A.さん宅であった。私達は新百合ヶ丘駅の改札口の外で12時に待ち合わせた。私は其処に行ったことがある。友達と豆腐料理を食べにいったり、映画を見にいったり、買い物に行ったり。しかし駅周辺がこんなに木が多くて道路がきれいだとは知らなかった。私達はYさんがちらし寿司か何かとって下さって私達は何かをもって行くことにした。テーブルの上にはとりのからあげや筑前煮やポテトのグラタン、サラダ、ごぼうのお肉巻(之は珍しかった)そしてYさんの作ったきゅうりの糠漬けが並んでいた。わたしは小鯵のサワークリームあえを作った。

勉強は英語クイズと自分クイズだった。先生は一番気楽な勉強ですよといわれたが、私にとっては準備に時間がかかって毎日出問が気になった。1人の人が問題を出して、他の人が三つの答の中から正解を選ぶ。時計廻りで廻った。みんな面白くて意外なヒントがあった。2回したら4時近くなっていた。意外と時間が早くたった。急いでお茶を頂いた。先生が思いがけず色々賞品を下さった。

帰り道、その路は車が全然通っていなかった。建物の前の斜面にさるすべりが並んで植わっていた。私は花が咲いたら外国のようだろうナと想像した。Aさんがサンフランシスコにはさるすべりが沢山咲いてるのヨといっていたのを思いだした。木々は紅葉になりはじめていた。すすきは穂を垂れて秋の風情を感じた。一方グランドでは元気な子供達がサッカーをやっていて賑やかだった。私はみんな頼もしいナと思った。
その日私は本当にゆっくり出来た。




<M.K.さんからひとこと>

お仲間のお宅に伺うのは本当に楽しいことです。今度は英語クイズがあってこれの説明が作文で面倒でしたが、それは意外な展開があって面白く時間がたってしまいました。




<キャプテン@kiから>

楽しい時間を思い出しました!英語による丁寧なレポート、ありがとうございます!☆ (^。^)






スポンサーサイト
line

To Kushiro

S.K.さん(新宿)の作品です。


I could go to Hokkaido this year, too.

As usual with 11 people, my ex-coworkers and my sister.

On July 15th the weather report was rainy

but when we arrived at the Kushiro airport,

the temperature was 19 degrees, cool and sunny.

I couldn't believe it. We took a bus to Kiritappu.

As we got closer, I saw wonderful sight for the first time.

"What's that?"

It was covered with something like snow-white cloud over the sea

and slowly moving to town.

Before long the view around us looked the same.

It was fog although the sun was shining.

We could see nothing but fog from the observation tower.

Fog covered everything.

Next morning,

I was looking out of the window at daybreak at the hotel.

Kushiro town was in fog. After breakfast, we left for Kushiro moor.

We were for preparation at the outdoor center near JR Touro Station.

We started going down the river in 4 people canoes

(4 kilometers about 60 minutes).

Kushiro river was greater in width than I had thought it would be.

I saw both shore's primeval forest,blue sky and deer, too.

They were very wonderful.

I was satisfied with delicious lunch and dinner.

But I had fallen down and hurt my left foot ankle in Akkeshi.

That's why I cried in pain walking but I thought I had a great time.

I guess it's because I had never been to Kushiro.




<日本語訳 by S.K.>

釧路へ


今年もまた北海道へ行くことができた。

いつもの元職場の友人と妹と一緒に11名で。7月15日天気予報は雨だったが、釧路空港に着いた時は気温19度ひんやりとした快晴だった。バスで霧多布へ向かった。近づくにつれ初めて見る不思議な光景に出合った。
「あれは何だろう?」海の向こうに雲のようなまっ白いものが覆っている。そしてゆっくり街に向かって移動していた。そのうち私達のまわりの景色も同じように見えた。それは霧だった。太陽が輝いているにもかかわらず。展望台から見えるはずの景色も霧に覆われて何も見えなかった。
翌朝、夜明けのホテルから眺めた街は霧の中だった。

朝食後、私達は釧路湿原へ出発した。JR塘路駅近くのアウトドアセンターで準備。4人のりカヌーで釧路川下流へ4km 約60分。釧路川は思っていたより幅の広いゆるやかな流れだった。両岸に見た原生林と青い空と鹿はすばらしかった。私はおいしいランチとディナーは満足だったが厚岸で転倒して左足を怪我してしまい歩くのも苦痛だった。

でも私は楽しい時間を持てたと思っている。

釧路には行ったことがなかったから。




<キャプテン@kiから>

幻想的な光景が英語で表現できましたね。







line

I went to the island of Sado.

Y.A.さん(新宿)の作品です。


I went to Sado for two nights three days.

Sado is a very big island.

Indeed the biggest island in the Japan Sea.

It's a very attractive island because in the old days

many people were exiled to the island.

They were emperor and samurai.

They brought many dynasty cultures and customs of samurai class.

Sado had gold mine.

And many ships named 'kitamaebune' came to the island,

with big economic power.

There is a village where houses are made by shipbuilders.

I want to visit Sado again sometime, and spend more time there.





<日本語訳 by Y.A.>

佐渡に行って来ました。


私は2泊3日で佐渡に行きました。事実、日本海で一番大きな島でした。それは非常に魅力のある島でした。なぜなら昔大勢の人が島に流されました。彼らは天皇や武士でした。彼らは多くの王朝文化や武士の習慣などを持って来ました。
島には金山があり、そして多くの北前船と呼ばれる船が来ました、財力を持って。船大工によって作られた家々の集落があります。私はいつか再びそしてもっと時間をかけて訪れてみたいと思います。





<キャプテン@kiから>

作文を読んで、私も佐渡に行きたくなりました!





CA391794.jpg

佐渡名産「トキの卵」

という和菓子☆










line

河津桜

M.Kさん(新宿)の作品です。


On the 15 th of February

I went to see Kawazu cherry blossoms with my daughter.

According to the weather report we knew it was 90 % chance of rain,

but we had already got the tickets of the express train Odoriko

which leaves only once a day from Shinjuku Station.

As we had expected, it began to rain in Atami.

There weren't many visitors. First Y asked a guide where the place

that has associations with Soga brothers is.

He answered the Kawazu Hachiman Shrine is nearby.

We went there and read the old story of them.

Then we walked along the bank of the Kawazu river

seeing the blossoms.

The cherry blossoms were in 30 % bloom.

This flower is darker than Someiyoshino.

A lot of the white eyes were flying.

They like sweet honey of these flowers.

We walked and walked in heavy rain and got soaked to the skin.

I didn't know how many kilometers I walked.

I wanted to go to the last tree if I could,

but if so, we had to walk back the same distance again to the station.

I heard the trees continued 4 kilometers.

I felt it was hard.

Just then, one guide said if you turn right here

you'll see an original tree at the end of this street.

We went there.

There was an amazing cherry tree extending branches.

It was in a private garden.

We read on the board that in the 30th of Showa this garden's owner

found a beautifully blooming young tree on the field.

He brought it and planted it in his garden. It bloomed every year.

People wanted them.

He and the people of the town increased them and

planted them on the bank of Kawazu river 25 years ago.

Then, we walked for the station.

The street passed only empty sightseeing buses

but no taxis and there weren't any shops.

However, we found one house with a sign saying coffee, oshiruko.

There were two wide zashiki with a burning stove.

A few members of the shop seemed like family and were kind.

They let us dry our drenched coats with the heater.

We had oshiruko and coffee and could take a rest.

Our coats almost have dried.

We took the express train leaving at 4:15 for Shinjuku.

When we arrived at Seijo Station, it had stopped raining.



<日本語訳 by M.K.>


2月15日私は娘と河津桜を見に行きました。天気予報で私達はその日90%雨だと分かっていましたが既に特急踊り子号の切符をとってありました。それは新宿発1日に1本です。案の定、熱海で降り出しました。観光客は沢山いませんでした。先ずYはガイドに曽我兄弟にゆかりの場所は何処かあるかききました。その人は河津八幡神社が近くにありますということでした。私達は其処へいって彼らの古い歴史を読みました。それから河津川の堤にそって花を見ながら歩きました。桜の花は3分咲き位でした。この花は染井吉野よりも濃い色です。沢山の目白が飛び交っていました。鳥達はこの沢山の花の甘い蜜が好きなのだそうです。私達はひどい雨の中を歩きに歩いてずぶ濡れになりました。私は何キロ位歩いたか分かりませんでした。出来れば最後の花ま迄行きたいと思いましたがそうすると帰りに同じ距離を駅まで歩かなければなりません。この桜は4キロ続いているそうですから、それはハードだと思いました。丁度その時ガイドが此処を右に曲がって行くと突き当たりに原木がありますよといっていました。私達はそこへ行きました。其処には枝を拡げたすばらしい桜の木がありました。其処は個人の庭でした。掲示板によると昭和30年この庭の持ち主が原っぱに美しい花がさいている若い木を見つけました。彼はそれを持ち帰って庭に植えたところ毎年きれいに咲きました。人々はそれを欲しがったので彼はふやして25年前町の協力もあって河津川の土手に植えたということです。それから私達はその通りを駅に向かって歩きましたが、空の観光バスが通り過ぎるくらいでタクシーも通ってないしお店もありませんでした。ふとコーヒー、おしること書いてあるのが目に入りました。お座敷が2つあってストーブがついていました。2,3人のお店の人は家族らしく親切でした。私達のぬれたコートをヒーターで乾かさせてくれました。私達はコーヒーを飲んだりおしるこを食べて日いいと休み出来ました。コートは殆んど乾いたのでお礼をいって外に出て駅に向かいました。私達は4:15発の新宿行きに乗りました。成城駅についたら雨はやんでいました。




<M.K.さんからひとこと>

辞書は有難いもので何でもよく出ています。単語でもニュアンスが違ったり思いがけない意味があったり道草をくってしまいます。且つ適切な訳を見落としていたりです。フレーズをそっくり使えて嬉しくなることもありますが、ああかこうかと中々はまらないこともあります。何れ先生にすっきり直して頂いて出来るわけで。




<キャプテン@kiから>

辞書を丁寧にひいて素敵なエッセイに仕上がりましたね。M.K.さんの作文もだいぶたまってきました。本当に継続は力ですね。これからも楽しい英作文期待しています。♪




CA391701.jpg











line

あき(秋)のスペシャルレッスン

M.A.さん(藤沢)の作品です。


Thank you very much for aki's special lesson.

I got strong incentives from the members

in aki's Shinjuku class by studying with them.

So, I thought I have to work hard to study.

But I felt miserable because I can't start it.

Though I thought I would like to try "This word"

or "That word", I have forgotten about them soon.

I'm always having thanks to the teacher aki

for teaching me as such.

And I had a good time

in the potluck party after the lesson.

There were nice dishes.

I regretted that I didn't learn these recipes.

My friends were glad to receive letters

with the "pressed flower" that I got from a member.

I was glad to receive hospitality from K-san.

I'm happy that I met the great women.

I'm looking forward to seeing them, again.



<日本語訳 by M.A.>

アキ先生のスペシャルレッスンをありがたく思っています。

新宿クラスの方々と一緒に勉強して強い刺激をうけました。

私もガンバラねば!と思ったのですが、

一歩をふみ出せない情けない私です。

習ったあの言葉を使ってみよう、この言葉を使ってみよう

と思うのですが、すぐに忘れてしまいます。

そんな私を指導して下さる先生にいつも感謝しています。

また、持ちよりパーティでは楽しいひと時を過ごしました。

おいしいものばかりで

レシピを教えて頂けばよかったと思っています。

頂いた押し花シールを手紙に貼って送り、友人に喜ばれました。

Kさんのあたたかいおもてなしにも感激しました。

すばらしい方々とお会いできて幸せです。

またみなさんと御一緒できるのを楽しみにしています。



<M.A.さんからひとこと>


感謝の気持ちをもっとうまく表現したかったです。



<キャプテン@kiから>


実際に言えなかったとしても、

「英語でこれを言ってみよう」

と頭の中で考えることが、一種のリハーサルとなり、

英会話のイメージトレーニングになるそうです。☆

スペシャルレッスン御参加ありがとうございます!

Mさんは地元ということもあり、いろいろお手伝いしてくれましたね。

Thank you very much! 

2回「英語の歌」が続いたので、

次回、機会があったら「英語のクイズ」も面白いかなと考えています。♪











line
line

FC2Ad

line
プロフィール

アンディ

Author:アンディ
こんにちは!大久保で「英語でリーディング専門 クローバー」というマンツーマン英語教室を開いているAndy Tachibanaです。一緒にストーリーを楽しみながら読んで、英語&英会話をマスターしちゃいましょう!!☆
Twitterは clover_reading です。

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
sub_line




Tweet




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。