スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

『ウサギとカメ』を読む(中級クラス)

CA392336.jpg


こんにちは!

英語でリーディング専門 クローバー

講師のアキヒロです。 (^o^)/



今日は『イソップ物語』の

"The Hare and the Tortoise"

(直訳は「野ウサギと陸ガメ」)を読みます。




イソップは古代ギリシャの寓話作家

(紀元前7~6世紀)

奴隷だったのですが、ストーリー・テリングが上手で

自由の身になったと言われています。




さて、「ウサギとカメ」はみなさんもよく知っている

かけっこのお話です。

童心にかえって、リラックスして

読んでみましょう。




“Why do you laugh at me, Mr. Hare?”

“Because you’re such a strange-looking animal,”

replied the hare. “You’ve got no legs!”

The tortoise did his best to show the hare

that this was untrue.

He tried very hard to stick his legs

out from his shell;

but, being a tortoise, he was unable to do it.

So he brought his feet back to their usual position.

“Run a race with me!” he said hotly.

“You will soon see whether or not I have any legs!”





いかがでしたか。



「脚がない」と言われたカメさん、

だいぶプライドが傷ついたようですね。




英文を読みながら、

一生懸命カメが脚を伸ばそうとする姿

浮かんだらOKです。





クローバー訳で確認してみましょう。


“Why do you laugh at me, /  Mr. Hare?” //

どうして僕のことを笑うんだい  ウサギさん

“Because you’re such a strange-looking animal,” /

なぜって君がとても変な格好の動物だからさ      

replied the hare. //

ウサギは答えました

“You’ve got no legs!” //

君には脚がないね

The tortoise did his best/ to show/ the hare/

カメはがんばりました   示そうと ウサギに 

that this was untrue. // 

それは違っていると

He tried very hard/  to stick his legs out/

彼は一生懸命    脚を突き出そうとしました  

from his shell; /

甲羅から

but, being a tortoise, /  he was unable to do it. //

しかし カメであるため  それはできませんでした

So he brought his feet back/

そこで彼は足を戻しました
   
to their usual position. //

いつもの位置へ

“Run a race with me!” / he said hotly. //

僕と競争してくれ    彼は熱く言いました

“You will soon see/

君も分かるだろう 
   
whether or not I have any legs!” //

僕に脚があるかないかが





今日は

He was unable to do it.

(彼にはそうすることができなかった)

という表現に注目☆


He couldn't do it.

(彼にはそうすることができなかった)

とどう違うのでしょう。



<can と be able to のニュアンスの違い>


can: (その気になればすぐに)できる

be able to: (がんばれば何とか)できる




誘いの表現はふつうCan you~?ですね。

Can you come to the party?

(スケジュール空いてたら、来てね)

Are you able to come to the party?

(忙しいと思うけどスケジュール調整して来られる?)



be able to には「がんばる」というニュアンスが入ってます。


I was able to win this gold medal.

(オリンピック選手のインタビュー)



この視点で先ほどのストーリーを読み返すと

He was unable to do it.

「カメさん、がんばったけど、できなかった」

のがよく分かりますね。


He couldn't do it. ではちょっとあっさりしすぎ★




ちなみに

未来をあらわす will と一緒に can は使えません。


× I will can speak Korean.

○ I will be able to speak Korean.


理由は助動詞を2つ並べられないだけでなく、


今できないことは、努力しないと

できるようにならないからです。



助動詞に英語の心があらわれます

これからも丁寧に学習していきましょう。☆





今日のレッスンはここまでです。

お疲れさまでした。m(__)m

Bye!







英語でリーディング専門 クローバー



にほんブログ村 英語ブログ 英語リーディングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
line

『魔法のポリッジポット』を読む(入門クラス)

CA392556.jpg

こんにちは!

英語でリーディング専門 クローバー

講師のアキヒロです。 (^o^)/



英語には「大きい」という意味の biglarge

小さい」という意味の littlesmallがありますね。


その違いについて知ってますか。

今ぼんやりしてても大丈夫。

今日のレッスンを受けるとスッキリしますよ。☆






今日のお話は

"The Magic Porridge Pot"(魔法のポリッジ鍋)


porridgeというのは西洋風の「おかゆ」のこと。

オートミールを牛乳で煮込んだものをイメージ。




さて、

ある少女が不思議なおばあさんと出会い

不思議な鍋をわたされます。



"Cook, little pot, cook,"

said the old woman.


And the little pot

cooked some porridge.




cook は

名詞だと「料理をする人」

日本語でコックさんと言いますが

発音に注意★

「クック」と発音してください。

動詞だと「料理をする」です。

発音はやはり「クック」☆



"Cook, little pot, cook,"

cook が2回出てきています。

両方とも動詞。

いきなり動詞で始まるパターンは命令文。


「料理してくれ、小さな鍋よ、料理してくれ」


little pot を「小さな鍋」と訳しましたが

絵を見るとこれがけっこうデカイ!(+o+)★


どうして~!?


実は英語のlittleは「小さい」→「かわいい」

と意味が広がるんです。


有名な童話の主人公にlittle が やたらついています。


○ Little Mermaid(人魚姫)

○ Little prince(星の王子様)

○ Little Red Riding Hood(赤ずきんちゃん)


smallではないんですね

× Small Mermaid  

× Small Prince

× Small Red Riding Hood


smallというのは純粋にサイズが「小さい」の意。


small の反対語が large。

これも純粋にサイズが「大きい」の意。


ですから

洋服のサイズやマックのポテトのサイズに

S(small) L(large)を使うわけです。



little の反対語が big。

こちらは主観的な大きさ。

「大きい」→「大事な」

と意味が広がります。


○ I have a big date tomorrow.

  (明日大事なデートがある)

○ I have a big meeting tomorrow.

  (明日大事な会議がある)



ここでlargeは使いません。

× large date

× large meeting



ですから

最初のlittle pot は「小さい鍋」というよりも

親しみをこめて「お鍋さん」と呼びかけているのです。




クローバー訳。


"Cook, little pot, cook,"/

作っておくれ・お鍋さん

said/ the old woman.//

言いました・おばあさんは


And the little pot/

するとお鍋さんは

cooked/ some porridge.//

作りました・ポリッジを




今日のポイントは

客観的な大きさには small,large

主観的な大きさには little,bigを


「主観的」というのは

感情が入っている」ということです。




Little Mermaid 人魚姫、

littleがついてるけど

以外に背が高かったりして☆




今日のレッスンはここまでです。

お疲れさまでした!!

Aloha ♪






大久保のマンツーマン英語リーディング教室



にほんブログ村 英語ブログ 英語リーディングへ
にほんブログ村

line

『眠り姫』を読む(入門クラス)

CA392542.jpg

こんにちは!

英語でリーディング専門 クローバー

講師のアキヒロです。 (^o^)/



入門クラスではレディバード・シリーズという

英語の絵本をテキストに使用しています。

挿絵がきれいで、字も大きくて読みやすいので

クローバーのテキストに採用しました。



さて、

今日読むお話は Sleeping Beauty (眠り姫)

邦題は「眠れる森の美女」です。



Sleeping Beauty が生まれたとき

良い妖精 (good fairy)が祝福に来ますが

あとから悪い妖精 (bad fairy)もやって来ます。

(fairy 「フェアリー」と発音)



今日は bad fairy が呪いをかけるシーン。

分からない部分があっても気にしないで

全体からおおよその内容を把握してくださいね




一つだけ単語のヒントを出します。

prick … チクリと刺す

(prick 「プリック」と発音)




"How beautiful she is!"

said the bad fairy.

"The princess will prick her finger

and die!"





いかがでしたか?

How で始まって、!で終わったら「感嘆文」

「なんて~なんでしょう!」



will は未来をあらわします。

「~するでしょう」




クローバー訳です。


"How beautiful/ she is!"/

何て美しいのでしょう・彼女は

said/ the bad fairy.//

言いました・悪い妖精が

"The princess/ will prick/ her finger

お姫様は・チクリと刺すでしょう・指を

and die!"//

そして死ぬでしょう





今日、フォーカスしたいのが

princess と prick という言葉。

両方とも pri-(プリ)で始まっています。



実はわざと同じ音を並べてをふんでいます。

声にだして

読んでみてください。

The princess will prick her finger.




英語は同じ音を並べるのが大好きです。

たとえば「美女と野獣」

Beauty and the Beast

(Bが並んでいます)

Beauty and the Monster

ではダメなんですね★




もうひとつ

ちょっと古い映画ですが

トム・ハンクスとメグ・ライアンの

「めぐり逢えたら」

Sleepless in Seattle

(Sが並んでいます)

Sleepless in New York

ではダメなんですね★




英語の絵本を上手に読むコツ

こういう同じ音のくりかえしを見つけて

それを意識しながら読むこと




きっと英語らしい軽快なリズムがでてきて

朗読するのがたのしくなりますよ!




今日のレッスンはここまでです。

お疲れさまでした。m(__)m


See you next time!






英語でリーディング専門 クローバー



にほんブログ村 英語ブログ 英語リーディングへ
にほんブログ村

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

アンディ

Author:アンディ
こんにちは!大久保で「英語でリーディング専門 クローバー」というマンツーマン英語教室を開いているAndy Tachibanaです。一緒にストーリーを楽しみながら読んで、英語&英会話をマスターしちゃいましょう!!☆
Twitterは clover_reading です。

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
sub_line




Tweet




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。