スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

『ノルウェイの森』を英語で読む②

主人公のワタナベ君は、自殺した親友の恋人直子が好きだった。

ふたりは愛するものを失った傷を共有している。

惹かれあうけどひとつになれない微妙な関係が続く。

そんなある日のこと、直子が質問する。


日本語)★

「ねえワタナベ君、私のこと好き?」

「もちろん」と僕は答えた。

English)★

"Tell me something, Toru," she said. "Do you love me?"

"You know I do."


やはり「ワタナベ君」は Mr.Watanabeではよそよそしい。

英語で親しみをこめて呼ぶなら

ファースト・ネームにしないといけません。

「もちろん」という日本語を見ると、

僕なんかもOf courseがすぐに浮かんでしまいますが、★

ここではYou know that I love you.を省略した表現になっています。

むずかしい単語はひとつもないけど、なかなか言えないですね。

でもこんなセリフをさらっと英語で言えたらかっこいいと思います。

"You know I do."


ワタナベ君の答えを聞いて安心したのか、

直子はおねがいを聞いてほしいと言う。



日本語)★

「私のことを覚えていてほしいの。

私が存在し、こうしてあなたのとなりにいたことを

ずっと覚えていてくれる?」

「もちろんずっと覚えているよ」と僕は答えた。

English)★

I want you always to remember me.

Will you remember that I existed,

and that I stood next to you here like this?"

"Always," I said. "I'll always remember."


alwaysという単語は英会話初級のテキストでは「いつも」

という意味で登場します。ex)I always walk to the station.

でも「ずっと」というふうに訳した方がいい場合もあります。


ことばは機械的に訳さないで話し手の気持ちを感じつつ、

こころで訳せたらいいなと思います。☆










「@ki先生の無料英会話センスUP講座」
http://akiwave.blog122.fc2.com/







line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

アンディ

Author:アンディ
こんにちは!大久保で「英語でリーディング専門 クローバー」というマンツーマン英語教室を開いているAndy Tachibanaです。一緒にストーリーを楽しみながら読んで、英語&英会話をマスターしちゃいましょう!!☆
Twitterは clover_reading です。

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
sub_line




Tweet




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。