スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

岡本太郎

CA390276.jpg


川崎にある岡本太郎美術館に行ってきました。

作品からあふれだすエネルギーに圧倒されました。

「芸術」とは何か。

「自由」とは何か。

「人生」とは何か。

いろいろ考えさせられ、

自分のあまったれた根性が叩き直された気分。

ほんと、「ガツーン」ときました。



以下パネルで印象にのこった言葉。


★日本語)

パフォーマンス

芸術を特別視する社会を変革するために、

彼は社会に対して問題を提起することを

自らの役割とし、

大衆と積極的にかかわった。

岡本太郎はテレビ、ラジオへの出演や

公開製作を行うことで

社会に向けて自らをひらき、

その身体を通じて終始大衆を挑発し続けたのである。



★English)

Performance

Taro Okamoto equated art with life itself

and believed that art is for everyone.

Wishing to reform the society

that put art aside in a special category,

he interacted with the public and drew

people's attention to vital issues of interest.

He appeared on many TV and radio programs

and often worked in full public view.

Opening himself to the world, he kept on

stimulating the people throughout his life.



CA390274.jpg


CA390275.jpg



CA390265.jpg

この先に美術館が



「@ki先生の無料英会話センスUP講座」
http://akiwave.blog122.fc2.com/



にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村



スポンサードリンク

オンライン英会話レアジョブ


どこでも英会話教室『I talk TV』


体験レッスンを探すなら ケイコとマナブ.net

「使える」英語力が欲しいなら、アルクにおまかせ



line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

アンディ

Author:アンディ
こんにちは!大久保で「英語でリーディング専門 クローバー」というマンツーマン英語教室を開いているAndy Tachibanaです。一緒にストーリーを楽しみながら読んで、英語&英会話をマスターしちゃいましょう!!☆
Twitterは clover_reading です。

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
sub_line




Tweet




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。