スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

Y先生 ('09,3,5)

M.K.さん (新宿)の作品です。

Last Tuesday a lecture meeting of Mr. I
who was a professor of psychiatry at N university
was held at Keio Plaza.
After the meeting we had a party and
I met many old medical office's members.

Mr.Y attended, too.
He said " I was asked to give a toast,
but I don't have any bright future, because I have diseases.
One was a prostate cancer and
two years later I had an interstitial pnumonia.
The cancer wasn't detected early. My physical power had declined.
When I'm standing, if I don't touch a wall or something,
I feel uneasy and
now I have to grasp a stick of mike which is in front of my eyes."
I thought it was the same as me.
He said " After I take a meal or write something, I lie down.
My muscular strength became weak,
so walking was better for me but I get tired easily."

At this moment
a hotel man brought a glass for the toast and Mr. Y said "Cheers".

He had an honest and moderate character.
He wasn't involved in a trouble of university.
He refused to be a professor
even though he had the recommendation of the faculity meeting.
After retiring he worked at a private hospital as a clinician.
Usually they become a professor of other (or regional) university.
He worked for 20 years at the hospital.
He said " I've learned enough of the difficulty
as full time docor at the private hospital.
The difficulty had a taste like no other difficulties
which you experience at a national university or a public hospital
(he had been at Matsuzawa).This had a great meaning for my life.
I owe a lot to this experience for what I am today."

We respect him.
He said " I think my third life won't be long,"
but we hope he takes a good care of himself.




<日本語訳 by M.K.>

先週火曜日Y先生の講演会が京王プラザであった。先生はN大学の精神科の教授だった。講演会の後パーティーがあって昔の医局仲間に大勢あった。

Y先生も出席された。先生は私は乾杯をということで頼まれたが、私は病人で将来があるわけではなく乾杯という立場ではない。私は病気がある。一つは前立腺癌でもう一つは二年後だが間質性肺炎をやっている。癌の方は早期発見ではなかったし、間質性肺炎というのはやっかいな病気だ。私の体力は衰えている。立っている時こうして壁か何かにさわっていないと不安だ。今もこの目の前のマイクの棒につかまっていなければならない。私は私と同じだと思った。先生は更に、食事の後には横になるし、何か書き物をすれば横になる。私の筋肉は弱くなっているので歩けばいいのだがすぐ疲れてしまう。

ここでホテルの人が乾杯のグラスを持って来た。先生はそれをとって「乾杯」といわれた。

先生はまじめで控え目な方だ。先生は大学紛争に関わらなかった。教授会から推されたが教授にはならなかった。先生は定年後民間病院に行かれて臨床医を続けた。一般には他の大学や地方の大学の教授になるのが普通だ。先生はその病院で20年間仕事をされた。「私は民間病院の常勤医としての困難さを学んだ。それは国立大学や公立病院で人達が経験するのとは一味違った苦労だった。之は私の生涯にとって大きいことだった。私が今日あるのはこの多くの経験のおかげです。」

私達は先生を尊敬している。先生は私の第三の人生はそう長くはないと思うといわれたけれど、先生お大事にと望んでいる。




<M.K.さんからひとこと>

いつものように思ったことをそのまま直訳式に書こうとして四苦八苦しましたが、分かり易く短く分けて考えるように教えて頂いて納得出来ました。




<キャプテン@kiから>

Y先生の人生の重みのある言葉を英語にするのは大変だったと思います。信念を貫かれたとても立派な方という印象を受けました。




line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

アンディ

Author:アンディ
こんにちは!大久保で「英語でリーディング専門 クローバー」というマンツーマン英語教室を開いているAndy Tachibanaです。一緒にストーリーを楽しみながら読んで、英語&英会話をマスターしちゃいましょう!!☆
Twitterは clover_reading です。

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
sub_line




Tweet




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。