スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

Eyemate ('09,4.16)

M.K.さん(新宿) の作品です。


On April 5th (Sunday) a Charity Concert of Eyemate was held
at a big hall of Minatomirai in Yokohama.
It was almost full and it is held every year.
This year a violin was played by Atsuko Tenma.
Last year I met my aunt who was 93 years old after a long time there.
I guess I would see her again this year, but she couldn't come.
I heard her dementia advanced.

There are various services to support Eyemate: reproduction service,
breeding of candidate dog service, breeding retired dog service.

My cousin S who lives in my neighborhood does the breeding service.
She takes puppies from about 2 months old to a year and a half old.
I heard S already kept 11 puppies.
Initially they are naughty as human children,
but gradually became obedient.
After about one and a half year
they return to the association and begin training with instructors
who had the training for 5 years or over it.
The training of the guide dog is for 4 - 10 months.
After having a partner, they work together.
But the dogs that couldn't become the guide dogs
are raised as home dogs by volunteers.
After the guide dogs worked for about ten years
or owners felt that their dogs were declined,
the breeding service of retired dogs
made them lead their mild old age.

At that place
we could see a lot of guide dogs with visually handicapped people.
In the hall dogs quietly lie down by the owners.
I read a sign that says
" Don't touch or call out to them because they are working."

The dog that S had breeded as a puppy came back to her
as a retired dog again,
and the dog that she breeded got cancer and came back to her.
She had taken care of him until he died.

Her husband collaborates with her well.
Last year it was a very hot summer,
they went to Karuizawa from June for the dogs.




<日本語訳 by M.K.>

「アイメート」

4月5日アイメートのチャリティコンサートが横浜のミナトミライ大ホールでありました。それはほぼ満席で毎年行われているものでした。今年は天満あつ子のバイオリン演奏でした。去年私は久しぶりに93才の伯母に遭いました。私は今年もあえるかと思いましたが、来ませんでした。聞くところによると老化現象が進んだそうです。

アイメートにはそれを支える色々な奉仕があります。繁殖犬飼育奉仕、候補犬飼育奉仕、リタイヤ犬飼育奉仕です。

私のいとこのSは近所に住んでいて飼育奉仕をしています。これは生後2ヶ月から1年半位までです。Sはもう小犬11頭も育てたそうです。はじめは人間の子供と同じでやんちゃですが、だんだん従順になります。1年半位たつと彼らは協会へ戻って指導員の訓練がはじまります。指導員は5年間或はそれ以上訓練をうけた人達です。盲導犬の訓練は4ヶ月から10ヶ月位です。それから犬はパートナーを得て働くわけです。盲導犬になれなかった犬は家庭犬としてボランティアに引きとられます。盲導犬は約10年働いた後、或は飼主がその犬が弱ってきたなと感じるとリタイヤ犬の飼育奉仕者によって穏やかな余生を送ることになります。

其処で(コンサートで)私達は視覚障害者を連れた盲導犬を沢山見ました。ホールで犬達は飼主の傍で静かに伏せていました。私は「犬にさわったり声をかけないで下さい。彼らは仕事中です」と書いてあるのを見ました。

小犬の時Sが育てた犬がリタイヤ犬として戻って来たこともあります。又癌になって帰って来た犬は彼が死ぬまでみとりました。

彼女の夫はよく協力しています。去年の夏は暑かったので犬のためにもう6月から軽井沢にいっていました。


CA391086.jpg



<M.K.さんからひとこと>

語順を変えて頂いたり、一語に語入れて頂くと、英語らしくなって嬉しくなります。成程自分のは日本語の直訳だけだったナと納得します。




<キャプテン@kiから>

アイメイトという盲導犬育成のグループがあるんですね。勉強になりました☆ 犬も人と同じで、いい出会いがあれば楽しく平和な余生が過ごせますね。♪




line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

アンディ

Author:アンディ
こんにちは!大久保で「英語でリーディング専門 クローバー」というマンツーマン英語教室を開いているAndy Tachibanaです。一緒にストーリーを楽しみながら読んで、英語&英会話をマスターしちゃいましょう!!☆
Twitterは clover_reading です。

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
sub_line




Tweet




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。