スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

絵の技法を英語で学ぶ③

『脳の右側で描け』の著者ベティ・エドワーズは

これから絵の技法を学ぶひとに、

次の順序で進むよう指導しています。


①線 →②バリュー(明度)→③色彩 →④絵画

①Line → ②Value → ③Color → ④Painting


日本語)★

最初に、描くことの基本技能を学ぶと、(輪郭画で端部とスペース、相互関係を習得することによって)線と(明部と暗部の描写を習得することによって)バリューの知識を身につけることになります。

色彩を上手に使うには、何よりもまず色彩をバリューとして知覚する能力が必要です。

この能力を獲得するのは、デッサンをとおして明部と暗部の関係を知覚することを学ばなければ、とても困難で、ほとんど不可能といってもよいでしょう。

デッサンに色彩を導入したこの章が、デッサンから色彩豊かな絵画へ進もうとする読者にとって、有効な架け橋となることを願っています。

English)★

The use of line is learned through contour drawing of shapes
and spaces.

The use of value is learned through rendering lights and shadows.

The use of color primarily requires the ability to perceive color
as value.

This ability is difficult, perhaps impossible, to acquire unless
one has learned to perceive the relationships of lights and shadows
through drawing.

Therefore, I believe my new chapter introducing color in drawing will
provide an effective bridge for those who want to progress
from drawing to painting.


ワンポイント)英語には「描く」という単語が2つあります。draw (線で絵を描く)/ paint(絵の具で絵を描く)。「デッサン(dessin)」はフランス語で、英語ではdrawingといいます。


いま通っているアートスクールでも

まず鉛筆(または木炭)で描く練習をし、

慣れてきたら水彩画に進むことになっています。


隔週で通っているので、ほんとに亀のような進み方です。


「静物」「人物」「風景」

ひとつずつ

ゆっくり描いていますが、

いつかすべてを合わせた作品が描けたらいいなと思います。










「@ki先生の無料英会話センスUP講座」
http://akiwave.blog122.fc2.com/
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

アンディ

Author:アンディ
こんにちは!大久保で「英語でリーディング専門 クローバー」というマンツーマン英語教室を開いているAndy Tachibanaです。一緒にストーリーを楽しみながら読んで、英語&英会話をマスターしちゃいましょう!!☆
Twitterは clover_reading です。

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
sub_line




Tweet




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。