スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

海と神話-アートを英語で読む

先日、ブリジストン美術館の特別展示「青木繁と<海の幸>」を見ました。

ふだんは画家の出身地、福岡県久留米市の美術館に飾られている作品です。

入館するとバイリンガルの案内が配られました。

日本語)★

その青木が、<黄泉比良坂>で初めて画壇で評価されたのが21歳のとき。翌年、<海の幸>を描き、その3年後に<わだつみのいろこの宮>を発表します。その年の夏、父の死を期に故郷久留米に帰り、家族との不和などが原因で、晩年は放浪生活を送ることとなりました。貧窮と肺病に苦しみながら、青木は28歳で生涯を閉じます。彼が充実した製作活動をすることができたのは、21歳から25歳までのわずか4年間でした。残されている作品も多くはありません。その青木にとって、海と神話はもっとも重要な主題でした。

English)★

It was at age 21 that he was first acclaimed in the art circles for Yomotsuhirasaka, Escape from the Land of the Dead. The following year, he painted A Good Catch and three years later, Paradise under the Sea. In the summer of 1907, following his father's death, he returned to his hometown Kurume. However, he became estranged from his family and led a wandering life in his late years. Suffering poverty and a lung disease, he died aged 28. It was only the four years from when he was 21 to 25 that he was able to concentrate on painting. Not many works by this artist remain. To Aoki, the sea and mythology were very important themes.

海の中の世界を想像で描いた<わだつみのいろこの宮>が特によかったです。

縦長の構図になっているので海神の娘・豊玉姫の足元から

水泡が上がっていく様子がおもしろい。☆

そういえば、シャンペングラスが縦長なのも泡が上がっていく様子を楽しむためとか。

青木繁の作品、海の好きなひとにおすすめです。

I recommend his works to those who love the ocean.






「@ki先生の無料英会話センスUP講座」
http://akiwave.blog122.fc2.com/




line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

アンディ

Author:アンディ
こんにちは!大久保で「英語でリーディング専門 クローバー」というマンツーマン英語教室を開いているAndy Tachibanaです。一緒にストーリーを楽しみながら読んで、英語&英会話をマスターしちゃいましょう!!☆
Twitterは clover_reading です。

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
sub_line




Tweet




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。