スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

新しい洋服 ('08,4,8)

T.A さん(新宿)の作品です。 


I was enjoying a stroll on the street in Ginza.

The spring sun brought me out into town.

I caught sight of a beautiful flower-pattern clothes

at a small women's wear shop.

I was touching it without meaning anything.

Soon a saleswoman with quick eyes found it

and she earnestly urged me to try it on.

I'm in the mirror in the fitting room.

Just then I realised this was too bright and too young for me.

Somehow I have the clothes with me now.

What shall I do?



★日本語訳 ( by T.A )


春の陽気に誘われて町に出た私は

銀ブラを楽しんでいた。

小さな婦人服店の店先の

きれいな花柄の洋服が目に入った。

何の気無しに私はそれを触っていた。

めざとい店員さんがすぐ見つけ

試着するようにと熱心にすすめた。

試着室の鏡に私が映っている。

とたんに私は悟った

派手すぎ、若すぎと。

どうしたわけか今私の手許にその服がある。

さてどうしたものだろう。



<T.A.さんからひとこと>

初投句をしてみました。



<キャプテン@kiから>

文章上手ですね!



<K.S.さん(Fujisawa)>

花柄のワンピース、どんな柄か想像しています。

着られる事をお勧めします。




line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

アンディ

Author:アンディ
こんにちは!大久保で「英語でリーディング専門 クローバー」というマンツーマン英語教室を開いているAndy Tachibanaです。一緒にストーリーを楽しみながら読んで、英語&英会話をマスターしちゃいましょう!!☆
Twitterは clover_reading です。

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
sub_line




Tweet




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。