スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

初心者 ('08,4,15)

T.A.さん(新宿)の作品です。 


First, I have to refresh my memory.

When I was a fourth-year elementary school student

in spring or summer,

I was practicing to ride a bicycle in the school yard that day, too.

My father's bicycle was so big that I couldn't manage to ride it easily.

My knee still had Mercurochrome (akachin)

that was applied the last Sunday.

An upper-class student was holding the back of the bicycle.

'Can I let go of my hands?'

'Never let go of your hands!'

'Look!'

'I did it!'

I decided I was going to go back on the bicycle.

My first day on public roads.

Anyway, I must ride carefully.

Everything was going well, so far.

I approached the narrow lane leading to my house.

I could see a moat on my right and bamboo grove on my left.

'Ugh!'

I jumped up.

A snake suddenly appeared in front of me,

and it was creeping across to the moat.

'Don't run over it!'

It was all over in a moment.

The bicycle and I sank into the moat.

The snake was sliding smoothly in the water and went away.

And then, what did I do?

I don't have any memories about it after that.



<日本語訳 by T.A.>


記憶が定かではないのですが

小学4年の春か夏

今日も校庭で自転車の練習です

父親の自転車は大きすぎて

かんたんには乗りこなせなかった

ひざこぞうには先週の赤チンがついている

自転車の後ろを上級生が持っている

手放してもいいかい?

放さないでー

あれっ

やったあ

自転車に乗って帰ることにした

路上初日

とにもかくにも慎重運転

今のところ順調

家に通じる細い道にさしかかった

右側には堀、左側には竹やぶ

わっ

飛び上がった

突然ヘビが現われ堀の方へ

横切って行こうとしている

ひいちゃ ダメー

それは一瞬の出来事だった

私と自転車は堀の中

ヘビはスルスルスルーと泳いで

行ってしまった

それでどうしたの?

その後の記憶がぜんぜんないの



<T.A.さんからひとこと>

ずいぶん昔の話でございます。


<キャプテン@kiから>

おもしろい話ありがとうございます。




line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

アンディ

Author:アンディ
こんにちは!大久保で「英語でリーディング専門 クローバー」というマンツーマン英語教室を開いているAndy Tachibanaです。一緒にストーリーを楽しみながら読んで、英語&英会話をマスターしちゃいましょう!!☆
Twitterは clover_reading です。

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
sub_line




Tweet




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。