スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

秋のスペシャルレッスンと鯖ずしのレシピ

M.K.さん(新宿)の作品です。

On the 14th of October Special Lesson was held at Ms. K's house.

At the beginning of the lesson we listened to a C.D.,

Tony Bennett's singing and we sang it.

Then we paired up and translated the lyrics. I rarely read poems.

The title is "I left my heart in San Francisco".

It was difficult to translate. I felt it was a nice poem.

I thought I wanted to learn by heart.

About the lesson, I had heard there would be a potluck party.

I called K. She said "Your specialty".

But I couldn't recall my special one, and I hang up the phone.

Suddenly I remembered that a mackerel sushi roll

and marinated small horse mackerel in sour cream

were pleased by my guests.

The day before I went to a fish shop.

The small mackerels were too small.

These couldn't be filleted. Then I decided to make the mackerel sushi.

The fish was small, too.

It wasn't big as the one when I learned from my mother-in-law.

I thought I would try anyway.



1. Fillet the fish into three pieces. ( I asked a fishmonger.)

2. Sprinkle a lot of salt on the two pieces of the fish
and leave them for three hours.

3. Wash away the salt with vinegar.

4. Soak it in vinegar, too.

5. Soak konbu in vinegar, too.

6. Take out the middle bone of the fish with tweezers.
Cut into back and belly meat with a knife.

7. Spread the thick part of the meat with a knife.

8. Put konbu and the fish on a vinyl
(spread a vinyl bag of sugar) on a makisu.

9. On 8 put a handful of boiled and seasoned rice.

10. Roll it tightly with makisu.


Many delicious dishes were put on the table.

Every food was very good.

I ate continuously and I was stuffed.

K proposed a house-tour. We went upstairs.

They were different from my house,

which has unnecessary things everywhere.

I thought I would tidy away my house like K's house.



<日本語訳 by M.K.>

10月14日、スペシャルレッスンがKさんの家でありました。レッスンのはじめにトニー・ベネットが歌っているCDをきいてみんなで歌いました。それから私達は2人ずつペアになってうたを訳しました。私は余り詩を読んだことがありません。タイトルは「私の心はサンフランシスコにある(霧のサンフランシスコ)」です。訳すのはむづかしかった。私はいい詩だなと思い、覚えたいと思いました。レッスンのことは持ちよりパーティだろうということでした。私はKさんに電話をしてきいたら「あなたの得意料理を」と彼女はいっていました。私は得意料理といわれても思い出せなくて電話を切りました。途端に思い出しました。さばずしや小あじのクリームソースのマリネがお客に喜ばれたことを。レッスンの前日私は魚屋にいったところ小あじは小さ過ぎておろせないのでさばずしを作ることにきめました。さばも小さくて、私がお姑さんに教わった時のようには立派でありません。とにかくやってみることにしました。

1.魚を三枚におろします (之は魚屋に頼みました)

2.2枚の魚に塩をたっぷりかけて3時間おきます

3.塩をお酢で洗い落します

4.その魚をお酢に3時間ひたします

5.昆布もお酢につけます

6.しめた魚の中骨を毛抜きで抜きます
  そして魚の身を脊と腹に包丁で切り分けます

7.その切りわけた身の厚さに包丁を入れて拡げます

8.ビニール(砂糖の入っていた袋をひろげたものがしっかりしている)
  に昆布と魚をのせてそれを巻すの上におく

9.そこに炊いて味をつけた酢めしを握っておき

10.巻すでしっかりと巻きます


テーブルには沢山のご馳走が並んでいました。どれもとても珍しくおいしかった。私は絶え間なく食べたのでおなかが一杯になりました。Kさんがお家を見せてくださると提案されてみんなで二階へいきました。そこらじゅう不要なものばかりの私の家と違いました。私はKさんの家のように片づけようと思いました。



<M.K.さんからひとこと>

英語の詩を読むのは中々いいもので折にふれて教えて頂きたいと思いました。英語のお料理の本など読んだことはないのですが、レッスンのプリントで見てこういう風に書くのか位に思って書きはじめたら結構難航、先生はお料理なんかなさらないのによく直して英語らしくなるようにして下さいました。



<キャプテン@kiから>

鯖ずし、ありがとうございました!とてもおいしくいただきました!レシピを読んで、とても手間がかかっているのにびっくりしました。☆パクパク食べないでもっとゆっくり食べればよかったと後悔しています。★スペシャルレッスンではみなさん、本当においしい手料理を披露してくださいました。あらためて感謝いたします!!

英語の詩に関しては、学生時代ワーズワースの詩に感銘を受けたのを思い出します。また機会があったら、レッスンで取り上げてみたいと思います。♪






line

Baby Gang - They are only two years old -

K.Sさん(藤沢)の作品です。


The twins are living in my town

who remind me of Kinbo of

"The First Visit to Tenjin Shrine".

Their names are Anna and Arisa

whose parents are working at a greengrocery.

As I go shopping there, Anna-chan looks up and

says to me "I'm eating tomato..."

The other twin Arisa-chan follows her.

I : "Huh ... What!?"

Their mother notices them and comes soon.

"Hey! What are you dong there? Don't play a trick here!

Or I won't take you here! Okay?"

They seem meek.

In a minute, as I paid money,

they came in the shop again!

Anna-chan says to me with a runny nose

"We'll play water ..."

I: "Really? Ah!"

They began to play with vegetable box water.

This time their mother hit each girl's bottoms

and pulled them into the back of the shop.

Surprisingly, there were other twins

whose hairstyles were Mohican!

I couldn't believe my eyes.

Both twins looked cute like little mice.




<日本語訳 by K.S.>


ベビーギャング (彼女達はたったの2才)


私の町に(落語の)初天神の金坊を思い起こさせる双子が住んでいます。彼らの名前はアンナとアリサ。彼女達の両親は八百屋さんです。私がお店で買い物をしているとアンちゃんが見上げて言います。「トマト食べに行くの・・・」もう一人の双子、アリサちゃんが続いて行きます。 私「へ~ えっ!?」 お母さんが気付き跳んできます「何やってんの!!お店で遊んじゃいけないって言ったでしょ!もう連れて来ないよ!わかった?」と言い、彼女達は神妙に受け入れているように見えます。数秒後、会計をしていると彼女達は又もやお店に出てきました!アンちゃんが鼻水をたらしながら言います。「お水ピチャピチャしに行くの・・・」 私「ほ・ん・と~?あ~っ!」 彼女達は野菜がつかっている箱の水で遊び出しました。今度は、お母さんが一人ずつおしりをたたき、お店の後ろにひっぱり込んで行きました。どうなったかのぞいた私が見たものは、そこにはもう一組のモヒカンカットをした双子の兄弟がいました。 ”OH!" 皆、小さいねずみさんのようでした。



<K.S.さんからひとこと>

大人のひざ丈位で行われる小さな子供達の世界がおもしろく、レッスンで出て来た言葉を使って英作文を書いてみましたがなかなか思うように使えませんでした。



<キャプテン@kiから>

ほのぼのした世界が英語で表現できてよかったと思います。きっといろんな色、形、大きさをした野菜たちがベビーギャングにはおもちゃのように見えるのかもしれません。♪





line

A Trip to Hokkaido

M.K.さん(新宿)の作品です。


At the end of June I went to Hokkaido with Y.
I've been stumbling
and I thought that I should travel before it's too late.
On the second day we visited Ueno Farm
which was on the outskirts of Asahikawa.
They have been farmers for generations.
Since their daughter's mother planted flowers
at a footpath between rice fields
and she had an impression that flowers were beautiful and pitiful.
After working as an employee
she went to England to study the basics of gardening.
She did a homestay
where there was a full-scale English garden and gardeners.

After she came back to Hokkaido
she planted 20,000 stocks of flowers in the vast garden (2000 tsubo)
and the garden was opened to public.
We were surprised
at the plenty kinds of flowers and the beautiful colors.
Y bought potted dark purplish clematis.

After eating a lot of fresh vegetables
at a reserved restaurant for lunch,
we drove south.
On the side of the road
plenty of colorful lupines were stretching along.
We saw snow-white Tokachi mountains. I felt Hokkaido is really wide.

We stayed in Furano.
So Kuramoto who saw Ueno Farm asked her to make a garden
which was for his drama "Kaze no garden"
in the backyard of New Prince Hotel.
It took 2 years to complete it. There was a set and it was televised.
The next morning we went to "Kaze no garden"on a shuttle bus.
It was a wonderful garden, too.

I asked Y why don't we stop in Sendai where Y is.
Just then she said
"It couldn't be done because the charges of the airplane,
the rental car, and the hotel all come in set.
Indeed this travel was inexpensive but it was a great happy one.



<日本語訳 by M.K.>

6月末私は北海道へ娘と行った。私はヨロヨロしているので今の中と思った。二日目私達は旭川近郊にある上野ファームへ行った。彼等は代々農家で彼等の娘は母親が田園の畦道に花を植えていたのでその花々が美しく可憐だった印象を持っていました。彼女は会社勤めをした後、イギリスへガーデニングの基礎を勉強しに行きました。彼女は本格的な英国式ガーデンがあって庭師もいる環境にホームステイした。

彼女は日本に帰ってから広い広い庭に20,000株の花を植えて公開した。私達は花の種類の多いのと色どりが綺麗なのに驚いた。Yは濃い紫のクレマチスを1ポット買った。

私達は予約してあったレストランで昼食に新鮮な野菜を沢山食べて後南下した。道の両側には色とりどりのルピナスがずっと続いていた。雪で真白く輝いている十勝連峰を眺めて北海道は広いなと思った。私達は富良野に泊まった。上野ファームを見た倉本聡はニュープリンスの裏庭に彼のドラマ「風のガーデン」のための庭を作るように彼女に頼んだ。それは完成するのに2年かかった。セットもあってテレビで放映された。翌朝私達は風のガーデンにホテルのシャトルバスで行った。5分位ですぐだった。それは素晴らしかった。

私はYに帰途Yのいる仙台に寄ったらどう?と尋ねた。するとそれはダメ。この旅行は飛行機の料金とレンタカーとホテル代とセットになっているのだから、ということだった。成程この旅行は安上がりだったが私には大満足だった。



<M.K.さんからひとこと>

いつものように苦労しても日本語の直訳みたいになっているのを先生に成程と思う英語に直して頂いてすっきり。有難いことです。みんな覚えていると蓄積になるのですが…



<キャプテン@kiから>

作文は直訳からスタートしていいと思います。北海道の雄大さ、美しさが伝わる文章が書けましたね。♪











line

Top Ten Things Men Never Say -英語のTシャツ

K.S. さん(藤沢)の作品です。


I sometimes wear a T-shirt which has some lines in English

since I feel it's cool, but I started to mind these meanings lately.

I'll traslate English into Japanese.


Top Ten Things Men Never Say

1. I think we're lost, we'd better ask for directions.

2. Screw Monday-Nite Football, let's watch Murphy Brown.

3. You know, we haven't been to the mall for ages.

4. I can't wait to mow the lawn.

5. Sometimes, I just want to be held.

6. Her breasts are just simply too big.

7. I'll just have the salad please.

8. While I'm up, can I get you a beer?

9. I think Barry Manilow is one cool dude.

10. I think we're lost, we'd better ask for directions.



<日本語訳 by K.S>

私は時々しか着ない英語のTシャツを持っています。

何が書かれているかどうでも良かったのですが、

最近、何が書かれているのか気になり出しました。

訳してみる事にします。



男性が決していわない10項目 

(  )内は本心かな?

1.ぼくは達は道に迷った 誰かに尋ねた方がいい (男の沽券にかかわる?)

2.フン!月曜の夜のフットボールなんてやめて 代わりにマーフィーブラウンを見よう!(フットボールを絶対観たいんだ) ★たぶん女性が好むドラマ

3.ねえ、ぼく達は長い事、モールに行ってないよね~ (本当は買い物に付き合いたくない)

4.ぼくは芝刈りが待ちきれない 楽しみでしょうがない (本当はいやでたまらない)

5.時々はぼくだって抱きしめられたいんだ

6.彼女の胸はただデッカイだけさー! (殴られそうだから)

7.ぼくにサラダだけ持って来て下さい (本当は食欲がなくても女性の為に無理をして注文するべき)

8.ついでにビール飲むかい?  (?)

9. ぼくはバリー・マニローがいかしてると思うよ ★たぶん、かっこいい人ORドラマか何かのタイトル

10.ぼく達は道に迷ったけれど、誰かに尋ねよう  (結局はいつも同じ事のくり返し…)



<K.S.さんからひとこと>

易しそうでしたが、私には結構、難しい英文でした。言葉や文化が違う人達は考え方も違うと思っていましたが、男性と女性に置き換えると、なんだ、同じじゃない!とうれしくなりました。


<キャプテン@kiから>

たしかに欧米人の女性が髪型や服装の話で盛り上がっているのをみると、人種より男女の違いを感じます。あと、「道に迷っても人に聞きたがらない」は心当たりありますね~。方向に関して、男は自分の本能を信じたがる性質があるようです。★






line

Operation on my back

Y.Aさん(新宿)の作品です。


For a long time I had had a backache.
I suffred from a backache about more than 12 years.

On May 8th I went into the hospital to have an operation on my back.

The next week on the 11th Monday morning,
I went in the operation room at 9 o'clock.
An anesthetist put me under anesthesia, I fell asleep soon.
It took 208 minutes and then it's over.

During the time I didn't feel anything at all.
I didn't feel any pain after the operation.

Doctor said "Your operation was a very hard work.
I set the 3 ceramic bones in your back. But everything has gone well."
I felt very relieved under slight anesthesia.

While I was in the hospital my sisters helped me a lot.
As for my husband, I felt he was absolutely good for nothing... Sigh.



<日本語訳 by Y.A.>

長い間私は腰痛がありました。約12年以上も腰痛に悩まされました。
5月8日私は腰の手術をする為に入院しました。次の週の11日、月曜日朝9時手術室に入りました。麻酔の先生が私に麻酔をかけ、私はすぐに眠りにおちた。手術は208分かかって終わった。その間私は何も感じなかった。術後私は何の痛みも感じなかった。先生は言った「手術は大変だったよ・3個のセラミックの骨を背骨に入れました。だけど全てうまくいきました」と。
私はかすかな麻酔の中で非常に安心しました。私入院中、私の二人の妹が大変助けてくれた。夫についてはまったく役に立たなかったかな・・・。フゥ…



<キャプテンから>

無事手術が終わって、本当によかったですね!☆ 
Please take a good care of yourself !






line
line

FC2Ad

line
プロフィール

アンディ

Author:アンディ
こんにちは!大久保で「英語でリーディング専門 クローバー」というマンツーマン英語教室を開いているAndy Tachibanaです。一緒にストーリーを楽しみながら読んで、英語&英会話をマスターしちゃいましょう!!☆
Twitterは clover_reading です。

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
sub_line




Tweet




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。